東京国際消防防災展2023

またもブログ更新の期間があいてしまいました

さて東京国際消防防災展2023に行ってきました

5年に1回のペースで開催されて

自分は今回初めての参戦でした。

屋内、屋外、消防・救助演技、水上演技と

分けて紹介したいと思います

 

まずは屋内から

屋内には数多くの消防関係企業などがブースを出してました

消防の資機材にも興味がある自分は

各ブースでいろいろな資機材を実際に見てきました。

耐炎性能を持つレベルA化学防護服

中発泡器

高発泡器

バッテリー式のエンジンカッター

車両の方も紹介

モリタブース

インテリジェントアタッカーの救助工作車

国産ウインチで

前常時5トン、後ろ常時10トンの牽引が可能

EVポンプ車

この他EN規格対応梯子車や

大型化学車、高所放水車、泡原液搬送車の機能を1台にした

インテグレートワンが展示されてました

 

テイセンブースに展示されていた

水槽付き救助ポンプ車

佐賀県の杵藤地区消防に

配備された車両が展示されてました

ポンプは後部部分で1600リットルの水槽を装備

東京消防庁ブースでは

電気自動車の救急車や水素自動車の消防車を展示

在日米海軍の車両

 

次に屋外を紹介

テイセンが実際に

ルーカスの油圧救助器具を使用し

車を破壊するデモンストレーションを行っていました

在日米軍が屋外に展示

 

消防・救助演技

地震を想定した訓練でした

まず最初にヘリのつばめが飛来しホイスト救助を実施

次に即応対処部隊部隊長が

全地形活動車のPOLARISレンジャーに乗って出場

即応対処部隊長から

即応のドローンと消防活動二輪による状況把握指示

また即応対処部隊が高機能救助車、指揮統制が出場

それぞれの現場に対応するため続々と車両が出場

ビルでは大量救出対応の梯子車も活動

倒壊建物では

六本部ハイパーの重機とクレーン車が

救助の邪魔になる瓦礫や車を除去

新たに九本部ハイパーに配備された強力吸引車が

土砂を吸引します

最後に火災が発生したため

杉並SL、特別消火中隊消防団が出場

また車両火災は在日米軍対応

訓練終了後活動した隊員さんが整列しました

 

水上演技

ボートに乗り釣りをしていた人が海に転落

それを目撃した2人も海に飛込んだ

という想定で行われました

水しぶきを上げて消防艇が出場

消防艇から救出のため海に飛び込みます

高速救命ボートはスローバックを

要救助者に投げて救出します

隊長の情報収集により

最初に落ちてしまった人は沈んでしまったため

ボンベを付けて潜水し環状検索を実施し捜索します

要救助者を発見してブロッティング担架に収容し

消防艇に引き揚げ

救出訓練には参加しなかった

消防艇ありあけ

が放水展示

続いて消防艇おおえど

おおえどはタグボート型の消防艇で

曳航や他の船舶を押すことが出来ます

また360度回転する推進装置のため

その場で船が360度回転することが可能です

バスケット付きの塔体も装備しており

救出、放水、人員等の投入が可能

次に消防艇みやこどり

こちらも放水しました

伸縮型の放水銃を装備しており約20メートルの高さから

放水ができます

 

長々と失礼しました

これにて東京国際消防防災展2023の記事を終わります

最後にまた5年後見に行きたいなと思いました!

 

画像の無断使用は禁止です